HOME > オーストラリアの都市 > ケアンズ

このページの本文

ケアンズ

日本からおよそ7時間、オーストラリアの中で日本から最も近い観光としケアンズ。ここは、グレートバリアリーフと熱帯雨林の二つの世界遺産へのゲートウェイシティとしても知られており、大自然を舞台にした数々のツアーやアクティビティがこの町を拠点に再考せれている。近年ケアンズは、観光客がより利用しやすい観光拠点となるよう、“New Cains” として街づくりに励み、さらに活気あふれる町として新しく生まれ変わっている。町には、バジェットタイプの宿泊施設から、アパートメントタイプや5スターのホテルまで数多く揃うほか、カジノや大規模なコンベンションセンターも完備されている。また、人気のピアやケアンズセントラルなどの大型ショッピングセンターのほか、各国の料理が楽しめるレストランが数多くある。
公式サイト
http://www.queensland.jp/iss/japan/destinations/cairns/cairns_home.cfm 

見どころ
http://www.queensland.jp/iss/japan/destinations/cairns/attractions.cfm

交通
http://www.queensland.jp/iss/japan/destinations/cairns/transport.cfm

<世界最大の珊瑚礁>

ケアンズの珊瑚礁世界遺産に指定される世界最長の珊瑚礁群「グレートバリアリーフ」は1cmにも満たない小さな珊瑚虫が、何百万年」という膨大な時をかけ珊瑚礁として成長して防波堤をつくったもの。日本列島もすっぽりと入ってしまう、この2,000kmに及ぶグレートバリアリーフには1,000あまりの島々が点在し、うち約20島がリゾートアイランドとなっている。ダイビングやフィッシングのメッカとしても世界的に有名で、各国からこの壮大な美しい神秘の海の世界を求めて人が集まってくる。

リザード島

ケアンズから小型飛行機で50分。周辺にはダイビングやフィッシングで世界的に有名なスポットがあり、また島には、世界の数々の著名人も訪れる高級リゾートがあり、プライベート・ビーチも充実している。島への上陸は基本的に宿泊者のみ。

グリーン島

純珊瑚礁からできた島で、ケアンズから高速艇で45分。日帰り観光で人気の島だが、美しいビーチと緑に囲まれたこのグリーン島には、5スターのリゾートがある。島内は、歩いて一周してもわずか30分。

フランクランド諸島

ケアンズのイルカケアンズから南へ45kmに位置する、5つの無人島から成る国立公園島。メインのノーマンビー島では、シュノーケリングやダイビングのほか、熱帯雨林の散策もできる、日帰りの観光で人気の島。

フィッツロイ島

熱帯雨林の生い茂る島で、ケアンズから高速艇で45分。グリーン島の約20倍の面積があるこの島では、マリンスポーツのほか、熱帯雨林の散策も楽しめる。バジェットタイプの宿泊施設やダイビングスクールも整う。

ダンク島

ケアンズから小型飛行機で45分、ケアンズの南140kmにあるミッションビーチからは船で10分。熱帯雨林が生い茂り、ユリシーズなどの町や野鳥が飛び交う南国のパラダイス・アイランド。島内では、マリンスポーツリゾート内にはキッズクラブも完備。

<太古を偲ぶ熱帯雨林>

北は、クックタウンから南はタウンズビルにかけて、クイーンズランド州北部の内陸部に広がる広大な熱帯雨林地域。1億3,000万年前の原始時代の古代植物が、ほとんどそのままの姿で生きていると言われ「世界最古の森」として知られており、「クイーンズランドの湿潤熱帯地域(Wet Tropics of Queensland)」として、世界遺産に登録されている。このゴンドワナ大陸から生き続ける壮大な森を訪れる様々なツアーが、ケアンズ周辺を拠点に催行されており、日帰りでも十分満喫することができる。

このページの上へ